>

違法な回収業者に気をつけよう

この記事をシェアする

行政以外の不用品回収方は?

少し調べていくと家電4品目など、行政が回収を行なっていない不用品の案内で、メーカーや家電量販店以外に指定取引業者で処分ができるという案内が出てきました。
つまり行政以外に不用品回収業者に処分を依頼するという選択肢があります。引越しや、建て替え、遺品整理などたくさんの不用品を一度に処分する必要がある際には有効な手段のようです。費用は都道府県によって異なるというより、依頼する業者によって異なるようですが、軽トラックに積み放題で1万円〜1万8千円、2トントラック積み放題で3万円〜4万円程度が相場のようです。この場合も、家電リサイクル法の対象商品は別途リサイクル料金がかかります。
業者は各地域でかなり多くいるようですが、きちんと登録をしている信頼できる業者を選んで依頼する必要があるようです。

要注意!トラブル多発中

不用品はありませんか?といった電話や、マイクで不用品回収を案内して回っているトラックでの回収などは近年特に注意が必要なようです。というのも詐欺にあった、無料だと謳っていたのに実際には高額な処分費用を請求されたなどといった相談が、多く寄せられているというのです。安易に頼まずに、信頼できる業者かどうか見極めるということが大切なようですね。
行政での不用品回収は基本的にはサイズ、重さなどによって処理費用が算定されていますし、リサイクルが必要なものは、処理業者も結局費用がかかるものです。持ち込むことで割安に、または無料で処分できる方法もあるかもしれませんし、お住まいの市町村の情報を収集して、詐欺などの被害を受けずに上手に不用品を処分してください。


トップへもどる